FC2ブログ
きみよりほかにはしるものなき 花かげにゆきてこひを泣きぬ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片想い
クリケイの“片想い”を聴きながら出来たはらちづです。


SSLで千鶴ちゃん(とお千ちゃん)には記憶がありますが、男性陣にはありません。
そんな感じでございます。



続きを読む
スポンサーサイト

酒は飲んでも飲まれるな
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

猥談はマストですか?
一応、続き書いてあるんですが、なんつーか、とってもアレな工口になってしまったので、ぴくしぶの方でアンケート設置しました。
このアンケートの結果次第でUPするか…
それとも、ひょっとしたらこちら限定のUPにするか…と考えております。
もしかすると更新自体しないかも……



なんせ、ちづ×ひじになってしまったので……




ということで、どうしたものかと思っておりますwwwww
興味がある方は、ツイッターでも支部のアンケでも「読ませろ」とご一報くださいませ。




内容的には、【雪村さんの場合】の続きになります~





酒の席での猥談はマストですか?_土方さんの場合
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

酒の席での猥談はマストですか?_雪村さんの場合
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Fine view
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

おぼこい女房を鰻屋へ連れていくノ巻 解説という名のあとがき
上野公園の不忍池。
そうです、西郷さんが愛犬ツンを連れ、その背後を左之さん所縁の彰義隊が狙い、魁先生所縁の藤堂家のお墓もある彼処です。


文中にありますように、彼処は鰻屋の激戦地でした。
不忍池の周りに沢山並んでいたそうです。
鰻屋の一階は、千鶴が考えたような、所謂食堂の形式ですね。
時代劇の小料理屋を想像してください。
問題は二階です。
個室等に区切られており、秘め事にはもってこいの仕様となっております。



というのも、現代と違って冷蔵庫がありませんので、注文が入るそのときまで、鰻は桶のなかでうねっております(今でも高いお店はそうでしょうが)
注文が入れば、職人がむんずと掴み、捌き、蒸し、焼き、タレ、焼き、タレ……と調理をするんですね。
ということで、とても時間がかかります。
現代なら「少々お時間いただきます…」と断りが入るところですが、もはや暗黙の了解。
一階の男連中(女性は人前での食事は良くないとされていたので、普通はこんなところにはいません)なら、気心の知れた友人と一局指しながら待つのも一興。
ではお二階さんは?




となると、決まってきます。

「越後屋、お主も悪よのう」「いえいえ、お代官様こそ…」「げっへっへ」

というのも一つの使用途ですが、一般的なのが今回の原田夫妻の使用法。

「スウスウハアハア、アレアレイイヨ、オマエサン」「アア、コチラモ気ヲヤリソウダ」スッカスッカ


なんて事が、鰻たちの生死が懸かった店ではされていたわけです。
上の例文は適当に書きましたが、春画にはだいたいこんなこと書いてあるので、間違いではないかと。
あ、スッカスッカは注挿の擬音です。
今書きながら思いました。
私、春画の書きいれの仕事向いてるんじゃないかなって。


あと、文中で「秘所をくじる」と書きました。
これは江戸ッ子が、と言いますか当時の人がそれこそ秘所をいじることを「くじる」と言っていたのであえて使わせていただきました。







そんなこんなで、今回は歩く18禁に励んでいただきました。
ネタとしては土方さんでもいいんですがね!
あの人江戸に居るときはそんな余裕ないだろうし…
関西は蒸しの行程がないので、ちと時間短いし…ということで、原田千鶴さんには壁の薄いラブホでの羞恥プレイを…
いや、本当に薄いんですよ。
下手したら、広めの部屋に仕切りだけ置いて、皆で横並びになって アチラもずいぶんよさそうだ… なんて事もザラ。
それが江戸!
西洋人が超ビビった風俗を持つ。
それが江戸!
西洋人に「まともな野菜は大根しかない」と言われた。
それが江戸!


せっかちで、ファストフード(鮨、蕎麦、天ぷら)をこよなく愛する江戸ッ子も、スローフードの楽しみ方を知っていたようです。
いや、寸暇を惜しんで励むあたりはせっかちなのか…?



ということで、皆さんも上野に行ったら「どれ鰻でも…」な~んつってな~
いまでも鰻屋さんはいっぱいあるみたいですね。






そういう私は、鰻は好きじゃないんですけどね。
あのぬめぬめとしたビジュアルが…生理的嫌悪感をだな……

おぼこい女房を鰻屋へ連れていくノ巻
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

しっぽり湯けむり旅情~女将は見た!戦慄の温泉まんじゅう~
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

しあわせな時間
若紫の二人です。

付き合って少し経ちました。
若干、R-15位な感じがしてます。
ご注意ください。







続きを読む

若紫 15
ひじちづにございます。



これにて一旦、締めさせていただきます。



中途半端?
俺もそう思う!!
すみません、力不足です。
精進します。


続きを読む

若紫 14
ぬるっとひじちづ。


先の話をあげた後、友人から「そこで切るのはどえす」と文句言われたので、さっさと上げます……そんなドSですかね?


というかストックはあるんですよ。
ぶっちゃけ、今回入れてあと2回で若紫は一先ず終ります。
その後この二人でいろいろ書いていきたいな、と思っております。
続きを読む

若紫 13
ひじちづっすよ。




続きを読む

若紫 12
ひじちづでっせ!



続きを読む

若紫 11
ひじちづにゃー!



続きを読む

若紫 10
ひじちづでございます。




続きを読む
Copyright © 月の江. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。